カテゴリー
労働環境 就職・転職

日本の家具業界の人手不足を解消!協同組合を使えば技能実習生を雇用できます!!

最近、仕事が何かわからなくなってくるくらいに忙しい毎日を送っています。その理由で一番大きなのが技能実習生に関することです。

本社で技能実習生を雇用して久しいのですが、技能実習生期間が終わってから、大卒者であればベトナム勤務を経て日本での雇用を行っています。その成果が口コミで広まっており、直接技能実習生が終わった人を紹介して欲しいという言葉もありますが、『それは、ちょっと。。。。』てな部分で、技能実習生の受け入れに聞かれることが多くなってきました。

そこで私の作業の緩和(お客さんや知人から協同組合を紹介して欲しいと言われ、名刺などを調べて教えることがよくある)というのもあって、日本で技能実習生を雇える(紹介してもらえる?)協同組合について簡単にまとめています。お付き合いがあるところから名刺交換をしただけのところもありますが、実際に会ったことがあるところばかりに限定しています。

一つの協同組合が全国どこの企業にも紹介出来るってわけじゃないです。協同組合によって紹介出来る都道府県が異なります。そのため、協同組合名の後に紹介出来る都道府県を入れています。尚、全国となっている場合は、協同組合がある都道府県に自社の支社もしくは営業所がないと難しいかも知れませんので、よく確認するようにしてください。

日越振興協同組合 (千葉県、東京都、埼玉県、愛知県)

協同組合としての歴史は浅いですが、ベトナムの提携会社が大きく、また代表はベトナムで日系最大手(ベトナム人向け求人数が最多)の求人情報サイトならびに人材紹介会社を運営されています。そのため、実習生だけでなく、一般就労の外国人の雇用に関しても相談に乗ってくれます。

日越振興協同組合では、千葉県、東京都、埼玉県、愛知県においてベトナム人技能実習生の受け入れ事業を行っております。

外国人(ベトナム人)技能実習生受入事業(千葉・東京・埼玉・愛知)

協同組合アジアンネットワーク (北海道)

挨拶がしっかりしていて、すごいところなんだと予想がつきます。

北海道は、広大な土地と美しい自然を基礎に、国内屈指の食料供給基地あるいは観光地として発展して来ました。しかしながら、ここ数年、本州の東海、関東、大阪方面の製造業等の輸出産業を中心とした景気回復の流れとは裏腹に、道内の多くの中小企業や事業主が景気回復の先行きの見えない経済環境を実感してきたところであります。

この背景には、ここ数年の公共事業の縮小傾向やロシア産漁獲資源の輸入減少等多くのそれぞれの 業界の要因と共に、もともと小売・サービス・観光業等を中心とした第3次産業に依存した産業、積雪により1年のうち5・6ヶ月が事実上の休業に追い込まれる産業を抱える自然環境の厳しさ、さらには、全国平均を上回って進行する少子高齢化、雇用機会の多い道央圏への人口集中という構造的な問題も横たわっているように思われます。

この人口減少が、このまま進行すると平成37年の道内人口は昭和34年とほぼ同じ500万人、さらに平成42年には476万人という推計があります。(2006年、道庁資料から)そして、この人口減少の多くが道央圏以外の道内各地の市町村と推計されています。こうした中で、私たち道内の中小企業や事業主は、今後の経済と生活の活路をどこに求めて行けば良いのか考えて来ました。

そして、私たちは同じアジア、特に2001年にWTO(世界貿易機関)に加盟した中国の中でも比較的本道に近い山東半島以北の各都市を、さらには、発展著しいベトナムを、今後はひとつの購入市場または組合員の生産品や商品の販売マーケットとして捉え、これらアジア市場における共同購入や生産委託を進めるとともに、共同して市場開拓を試みて行くことにいたしました。

ご挨拶

協同組合パートナー・ライジング・サポート(山形県)

ベトナムだけでなく中国からも技能実習生がきてくれます。

中日本先端情報共有協同組合(岐阜県)

優しそうなおじさんが代表者です。

中日本先端情報協同組合は、相互扶助の精神のもと、さまざまな業種の事業者が集まって設立された全国規模の異業種事業協同組合です。
外国人技能実習生の共同受入、燃料、各種消耗品などの共同購買、経営及び技術の改善向上に関するコンサルタント業などの各種事業の展開により、組合員企業の活動を様々な角度からバックアップしてまいります。

組合情報

エコ・プロジェクト協同組合(岐阜県)

水環境の開発と研究を行っている協同組合です。他とはイメージが違います。

世界的な人口増加や気候の変動による水不足や、国内外問わず水環境汚染の深刻化を受けて、当組合では、簡易水質検査機器の実用化に向けた技術、研究、開発、商品化までのプロセスを組合員及び大学、民間企業等の協力を得て行っています。

水質検査機器の研究開発・安全な水の供給

GTC協同組合(富山県・新潟県・石川県・岐阜県・長野県、愛知県、栃木県)

家具業界の痒いところに手が届くという感じの都道府県カバー力です。

GTC協同組合_組合月刊誌というブログをされているので、組合の情報がよりよくわかります。ただコメントが少なく写真が多めなので引用はできませんでした。

東洋ビジネス・協同組合 (ほぼ全国)

どこが受け入れできないのかパッと見ただけではわかりません。

静岡県、東京都、神奈川県、愛知県、山梨県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、沖縄県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、高知県、福岡県、長崎県、北海道、奈良県、大分県、岩手県、青森県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、島根県、新潟県、滋賀県、三重県、宮崎県、富山県、熊本県、鹿児島県、山口県、徳島県、愛媛県、石川県、鳥取県、福井県、和歌山県の区域。

受入都道府県(地区)

協同組合事業交流広島センター(広島県)

組合員のための外国人技能実習生共同受入れを行っております。当組合は広域・異業種の認可を取得しており、組合員と力を合わせて事業を推進しております。

外国人技能実習生受入れ事業

エーワン協同組合(広島県)

激動する国際社会への生き残りを賭けた企業経営の厳しさの中で、アジア諸国の外国人技能実習生の発掘と指導・教育を充実させ、若くて優秀な人材のご提供により、経済のグローバル化に柔軟に対応するための、活力ある職場づくりをご支援し、社内の活性化、企業体質の強化に寄与する企業ニーズを先取りし、企業の経営の国際化と地域社会の発展に貢献いたします。

エーワン協同組合の理念
カテゴリー
家具 就職・転職 建築

ベトナムで建築家として働くことは可能か?

建築業は他の仕事に比べて海外で働きたい人が多い職業だと思います。私も若い時は北欧やアメリカ(ニューヨーク)への憧れが強かったです。実際、ニューヨークとロンドン、スウェーデンには短期ながら留学と称して、働いたことがあります。
ベトナムで働き始めたきっかけは、ベトナムで不動産業と飲食店を経営している友人から、「内装施工関係のニーズが凄いよ」と言われ、ベトナムへやって来ました。会社を立ち上げるのでも良かったのですが、金銭的な事由から友人が設立した会社に雇われ社長として現地採用となりました。

このブログにたどり着いた人は海外で建築関係の仕事にたどり着いた人ばかりだと思いますので、今回は海外で建築関係の仕事の探し方などについて説明いたします。

ベトナムのことがメインとなりますので学生の方には優良な情報が含まれていないかと思います。それはベトナムで働くには労働許可証の取得が必要となります。その取得条件が大学卒業以上で就労経験3年以上と言うことが決まっているためです。また専門学校を卒業した場合は、建築関係の学校であれば4年以上の就労経験があれば就労許可を取得できるのですが、そうじゃない場合はワークパーミットの関係で就職が難しいか買い叩かれることがあります。

では、本題にへと入っていきます。

建築家が海外で就職や転職する方法は大きく分けて3つで①コネ②運③紹介会社です。

①のコネは、今回の私のように友人や知人が海外で働いていたり、会社を立ち上げたりしていれば、転職することが可能となります。ベトナムに来る前に3回、海外で働いた時は全てコネでした。その時のコネは、ニューヨークでは専門学校に通い、ロンドンでは語学学校に通い、スウェーデンでは見本市など知り合ったスウェーデン人に頭を下げるといった感じでした。コネを利用する場合は、待っているだけでなく行動力も必要です。

②の運は、働いている会社が海外に支店を出したり、海外支店への赴任だったりですかね。ただ、これは駐在員となるので、転職というわけではないですが。

③の紹介会社とは、現地にある人材紹介会社やエージェントを利用するということです。コネがなければ、現地(今回だとベトナム)にある人材紹介会社や転職エージェント会社を利用し、彼らが持っているコネを利用させてもらいましょう。
普段、ベトナム人の従業員を紹介してもらっておりお世話になっている人材紹介会社さんが日本人の紹介もされているということでしたので2つリンクを貼っておきます。

人材紹介会社 キャリアリンクベトナム
https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

○人材紹介と通訳・翻訳派遣専門サービス J−SAIGON(サービス停止中)
http://jsaigon.vn/?lang=ja

最後に私がベトナムや東南アジアでの建築関係の転職を薦める理由は、活気があり成長力がすごい土壌なので日本では会えないような人とも会え、一緒に仕事をすることが出来ます。これが何と言っても魅力です。そして周りに比べれるような同業者が少ないので信頼を得ることが早く、結構なんでも好きなことをさせていただいています。なのでチャンスがいっぱいあるように感じています。

カテゴリー
就職・転職

ベトナムで現地採用として働いている人のブログをまとめました。

ベトナムで現地採用として働く私と同じような境遇の人のブログをまとめました。単なるリンク集にならないようにコメントと面白い記事があれば引用表示をしております。

サイゴンワーク – ホーチミンで現地採用として働く人のブログ

ベトナム在住歴が同じくらいのはずなのですが、よく知ってると感心する記事からそうでもない記事まで色々なことが書かれています。

ここ数年、UNIQLO(ユニクロ)がホーチミンに出来るということが言われ続けていましたが、ようやくオープンの日を迎えようとしています。

ホーチミンにUNIQLOが出来る、出来ると言われ続けて

今の仕事から転職してベトナム現地採用として働く生き方

最近、更新が止まっちゃっていますが、昔はよく読んでいました。復活を期待しています。

突然、会社を辞めて迷い込むように宿を取った場所はバックパッカー街と呼ばれるブイビエンやファングーラオというエリア。部屋の設備にこだわりを持たずドミトリーと呼ばれる大部屋であれば1泊500円を切るような部屋もあります。でも私は荷物もありセキュリティーを気にしていたので1泊1300円の個室を選択。(2週間契約をしたので1泊あたり1000円に割り引いてくれました。
)狭いながらもトイレとシャワーが付いており、想像以上に快適でした。
会社を辞めてからの最初の2日は何もせずボーッとして過ごしながら、これからどうするかを考えました。
この2日間で出た答えは「ベトナムへ来て何もしていないので何かを成し遂げるまでは日本に帰らない。」といったことです。でも具体的に何をするかを決めたわけではなく、とりあえずはベトナムで働こうと考えました。

転職してベトナム現地採用として働く生き方を選びました。

つきこの独断!ハノイ日記

ハノイの情報が欲しい時に読んでいます。こんな素敵な方と出会えたらいいですね。

現地採用に決まったら何をすべきか、、、
誰も教えてくれない。。
駐在員も会社に手配してもらってるから、
具体的には知らない。
転職エージェントさんも随分前に
出国してるし、生活水準も違うから、
割と役に立たない。
、、、それは、言い過ぎか笑

現地採用事情 日本を離れる前にすべきこと編

ボンジュール!!ベトナム就職情報

お互いにはっきりとは言わないものの、リアルでお会いしたことがありそうな記事の内容です。多分、相手も同じことを思っているかも知れない。いつか言える日が来ると良いです。

日本の製油業は、国内と海外の安定供給化のバランスを掲げました。
かつての日本製油業は、日本国内を安定的な市場と捉え、輸出を成長戦略としていましたが、この戦略は大きく変わります。
現在では輸出競争が激しくなった上に、国内市場が不安定化しました。
国内の製油業がビジネスの統合に向かう動きによって、国内市場が数年後に二つの製油グループに支配されるということを意味するでしょう。

日本の石油製油業における展望変化:燃料を考える

ベトナムへ帰ってきた男の就職ブログ

あれ?これ私?と思えるくらい似ているところがあってかなり共感できます。

更新するのを一年くらいサボっていたのですが、このブログのアクセスが最近増えているようで驚いています。
アクセスしていたただいている人のキーワードで多いのが「ベトナム 就職」です。ベトナムで就職する前に読まれているのか、転職先が決まってから読まれているのかは定かではありませんが。ベトナムで暮らしていて日本人に会う機会が結構増えてきました。

ベトナムで転職して一年以上経ってわかったこと。
カテゴリー
就職・転職 建築

建築家がベトナムで働く理由

2012年秋、私はロンドンの建築専門学校に通っていた頃、ベトナムで起業する友人からベトナムで建築家として働くことを勧められました。憧れのロンドンということもあり、一度は断ってしまいましたが、3年後に再び誘われ2016年より友人の会社に雇われる形でベトナムで建築家としてのキャリアを再スタートしました。
一度は断ったベトナム就職を、なぜ東南アジアのシンガポールやタイではなくてベトナムを選んだのでしょうか。一つは友人がいて誘われたのも大きいですが、他にもあります。

1)活動
ポストVVVVIIブームの経済成長に沸くニューヨークとシカゴで働けば、こんなに楽しいことはなかったでしょう。ロンドンもすごい、産業革命の時代なら、ロンドンで働いたかも知れません。シンガポールではお金にものを言わせたようなビッグプロジェクトが計画され進行されています。ベトナムも大きな計画がありますが建築デザインとなると微妙です。しかしベトナムは商店建築、いわゆる内装においてこれからという時期です。日本人社長で有名なピザ屋4pc(フォーピース)などがおしゃれな内装なのもあってお客さんが多く入っています。このことから、内装デザインをメインにやってきた私としては活動をここに移してもチャンスがあると考えました。

2)人々
アジアは急速に発展していて、街は人で混み合い、世界で最も騒々しくなっています。そしてここの人々には家をたて、公共のインフラと交通網を築き、その利益の恩恵を皆が享受しています。市場はとにかくデカイです。アジアの中高所得層が急激に増えてケタ外れの経済成長を後押ししているのですね。今は商店の内装デザインがメインですが、そのうち大富豪のお家をデザインできる日が遠くないと考えています。

3)スピード
アジアの建設ラッシュはまさにクレージーな勢いです。雇い主がハイピッチで公共サービスの充実を勧め、世界基準で10年もかかる仕事をアジアでは安い労働力を使って数年で実現します。言い換えれば私は5年間のキャリアでプロジェクトをいくつも完遂できるのです。

4)お金
バブル景気となっているベトナムにおいて、商店建築の場合の予算は青天井で、質の良いデザインや市場性によりお金を費やしています。政府もデザインの価値を認め始め、都会性を発展させて世界的に街が知れ渡ることに関心を示しています。

カテゴリー
ASEAN 就職・転職

海外で働くまでの準備として

あなたは海外で働きたいですか?
あなたは正しい場所にいるという理想理想主義者は世界中で多くのチャンスを得ています。まずは、あなたが働きたい国を見つけてください。そして何の仕事をしたいか考えてください。
これらが出来ると、これからの内容がとても参考になると思います。

仕事を探す前に知っておくべきこと

自分自身の母国語以外の言語レベルがどれぐらいか。英語であれば指標を計ることが良いです。例えばTOEICなどの試験を受けるとかです。TOEICが600以上あれば、仕事の幅が広がります。面接時には日常会話以上で話せないといけません。

就労ビザの取得条件をクリアしているかどうか。これについては、ほとんどの場合大卒であれば問題ないです。ただ新卒だと厳しい場合もあります。

現地での給料相場がいくらか。東南アジアはシンガポールを除けば、日本でもらっている給料と同じ額をもらえる職種は限られています。私が知る限りITエンジニアか医者くらいしか思いつきません。もしくは日本でも有数のブラック企業で相場の賃金の半分以下で働いていた場合です。それくらい、日本よりも給料が上がるケースというのは稀と言うことです。

どのようなスキルが必要かを知ること

先述した内容と重複しますが、必要なスキルとして言語があった場合は言語の習得が必要になると思います。それ以外の資格が必要な場合は、現地で取得できるモノであれば現地で取得しても良いですが、現地の言葉ができなければ取得できない場合が多々あります。

働きたい国のことを知る

ベトナムのことを知ることが重要です。地球の歩き方に書かれているような一般的な情報だけでなく、現地在住者のブログなどを読んで生活情報などを知ることが重要です。特に気候などの知識は必要です。働く前に得られる情報の多くを調べておくと、滞在を始めると非常に便利です。

短期海外研修・インターンシップなどに参加する

ギャップイヤーであったり、大学生活であったり、時間に余裕があれば短期間の海外研修やインターンシップなどに参加することをお勧めします。それは実際の生活だけでなく、働かないと得られない情報をえることが出来ます。
またやりたい仕事の日本との違いを理解することも出来ます。

カテゴリー
就職・転職 海外情勢

初めてのベトナム就職で転職サイトを使うってどうなの

ベトナムで就職するときに求人情報をどこで探すか良いサイトを探された経験はないですか。また現在も探していませんか。
もう見つけて就職がきまった人や、最終面接に進んでいる人は、この記事を読むと後悔をしてしまうかもしれません。

ベトナム就職に限らず、海外で就職する際に転職サイトは使わない方が良いです。
理由は企業との交渉や契約条件の確認、その他生活や就職に関わるトラブルは自ら解決をしないといけません。

考えられるトラブルとして、
●雇用条件で騙される:契約条件でベトナム語と異なる日本語訳を見せられ契約をしてしまうことがあります。(法律上、ベトナム語の契約書を優先するようになっています)
●契約期間は日本に帰られない。
●就労許可をとってくれない(タイと比べると格段に少ないですが…)
思いつく限りでこんな感じでしょうか。

もしトラブルにあった場合は自ら解決していくしかありません。しかし、このようなトラブルの場合、解決方法として結局のところ退職くらいしかありません。

では、どうすれば良いのかという結論から申し上げます。それは企業との交渉や契約内容や条件の確認を行ってくれる人材紹介会社を利用することが良いです。

海外就職で成功をする人が使うのは、ベトナムの人材紹介会社を使っています。その理由は、ベトナムのことをよく知っているからです。日本でも聞くような大手人材紹介会社や転職エージェントを使っても良いのですが、求人数こそ多くても必要な時のトラブルに対して解決をしてくれないもしくは時間がかかることが多いです。
そのため現地に根ざした人材紹介会社や転職エージェント会社を利用することが良いです。
例えばベトナムでも10年以上と老舗人材紹介会社であるキャリアリンクベトナムやGAコンサルタンツなどが良いと思います。